看護師という仕事に就いている方の中では

薄毛対策室|発毛・育毛、 AGAの治療なら「バイオテック」
薄毛対策室では、薄毛や抜け毛の原因やその対処・予防法のほか、髪の毛が生える
メカニズム、気軽に始められる実践的な発毛・育毛の方法、素朴な疑問・お悩みに
お答えするQ&Aなど、頭皮と髪のために知っておきたい情報が満載。(続きを読む)

育毛剤は否定派だったのですが身近な友人が育毛剤で効果を得ているのをこの目で見…
育毛剤は否定派だったのですが身近な友人が育毛剤で効果を得ているのをこの目で見て戸惑っているのが現状です。 持論として育毛剤はあくまでも『育毛』のためのものであって『発毛』ではない。 といった持論があります。というよりも当たり前のことだと思っています。 育毛剤は髪の毛の成長に必要な成分、栄養素などを頭皮に浸透させることで髪の成長の補助をする役割だというのが私の認識です。 だから育毛剤を使用したから髪が生えた!などというのは信用できませんでした。ところが先日、以前勤めていた会社の友人に1年ちょっとぶりに会ったのですが、髪の毛のボリュームが明らかに1年前とは変わっていました。 髪の毛のことを聞いてみたところあれから1年間、毎日欠かさずに育毛剤を使用して生活習慣も改善に取り組んだとのことでした。 恥ずかしい話ですが、当時から私自身も、少し薄毛が気になり始めていたのですが、育毛剤は無駄だ!病院でミノタブやプロペシアのほうが良いと言い張っていました。 それなのに1年ぶりの友人の効果のほどを目の当たりにして心が揺らいでしまいました。 というのも、私がAGAクリニックに通って頑張ってきた育毛の効果が芳しくないからです。 AGAのクリニックに1年通って結果が伴ってないとなるとやはりもう諦めたほうがいいのでしょうか。 友人はイクオスという育毛剤を使用したそうですが、悔しさや過去に育毛剤は効かないと言い張っていた自分もいるので、意地というか…育毛剤は使用せずになんとかしてみたいと思っています。 残す手段はやはり生活習慣の徹底した改善やストレスの軽減でしょうか? これだけでも大きな変化を得ることはできるのでしょうか? まとまりのない文面になってしまい申し訳ありません。(続きを読む)

看護師という仕事に就いている方の中では、毎日の勤務時間がばらばらであり、厳しい労働環境であることなどが影響してまったく違う仕事に移る方も少なからず存在するそうですが、「看護師資格を持っています」という事実は、意外に看護師以外の職業でも役立てられることがよくあるといいます。例を挙げると、体の仕組みや病気の知識があり、人の体を扱った経験も生かされ、たとえ未経験でも、保育関係やリラクゼーションサロンなどへ転職する場合は採用されやすいのではないでしょうか。

私の勤め先は病院の事務です。普通は仕事中に看護師さんとの接点はありませんが、皆さんいつも忙しそうです。

仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。しかし、案外、臨機応変に動いておられることを感じたのは、忘年会の時に看護師さんの中で、子連れで来ている方が少なからずいらっしゃるんです。参加されていた先生方からも歓迎されていて温かい雰囲気でした。
看護師になって最初に勤めた病院では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。その時、もういっそ、看護師を辞めてしまおうか、などと悩みました。

けれど、悩み抜いて出した結論が、やはり看護師は続けたい、というもので、「転職しよう」と決めたのです。

そう決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。

ネットに頼ったり、本を買ってきて参考にしたりして苦労しながらも、仕上げることができました。でも、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだとつくづく実感したものでした。
すっかり少子高齢化が進んで、怪我や病気のリスクが高まる高齢者の数が増えています。これにより、医療機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、看護師はさらに忙しくなっていきます。

厳しい労働環境の中で、長時間の残業と夜勤を続けたため、過労死という痛ましい結果になった看護師もいます。きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、自宅で療養中の患者を診る、訪問介護の仕事が待っており、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、ますます看護師の需要は高まり、看護師の働く現場では、どこも大変過酷なようです。

皆さん想像がつくと思いますが、看護師は女の人が多いので、結婚や出産を機に仕事を一度やめる人もたくさんおり、比較的離職率が高い職業です。

その他にも、勤務する時間が不規則だったり、厳しい労働環境であることなどが影響して最終的に離婚という選択肢を選ぶ人も多いということです。自分一人のお給料だけで子供を育てていけるというのももしかしたら離婚する割合が多くなる原因の一つかもしれません。

看護師の勤務は交代制ですが、それ故に、勤務内容の引き継ぎがあり、これは申し送りと呼ばれています。
要するに業務報告なのですが、担当患者さんの状態についてや、看護の業務に必要な諸々について直接、顔を合わせて話します。

申し送りでは、大事な情報がもれなく相手に伝わり、理解してもらえるように、簡素に正確に報告しなければなりません。

申し送りは、素早くスムーズに行うこともとても大事なことです。免許が必要な専門職である看護師は医療現場をはじめ、いろいろなところで常に必要とされています。
もし再就職をしたい、となってもそれは意外と簡単なはずですし、少し念入りに求職活動を試みれば、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。

近頃ではインターネット上に専門的に看護師の求人などを支援するサイトも増えてきていますから、上手にそういうものも使って条件の合う就職先を探してみると良いでしょう。
看護師の転職を成功させるには、将来のことを考慮して早めに行動を起こすことが大切です。そして、どんな条件を重要視するのかを決めておくことをお勧めします。

将来の自分をはっきり想像して、そのビジョンに沿った転職先の情報を少しずつ収集してください。給与額とか職場環境、勤務形態など、自分にとって重要な条件もピックアップしておきましょう。